みんなの漆喰 〜施工例のご紹介〜

【店舗編】築140年の納屋をジェラートカフェに大改築

カテゴリー: 店舗・施設

受け継いだ母屋と牛小屋と納屋を大リノベーション

兵庫県姫路市にあるジェラートカフェ「たね匙」さん。 農業を営むご夫婦が作る新鮮な野菜や果実を使った、 季節のジェラートや飲み物がいただけるカフェ。 また野菜直売所にもなっており、地元の農産物なども販売しています。 秋には焼き芋もするんだとか!季節を味わえて、地元の方にも愛されているお店です。 このカフェは、なんと築140年のお祖父様の母屋、そして納屋と牛小屋を大リノベーションして作られたそうです。 母屋を自宅に、そしてその隣にある納屋を野菜の直売所兼ジェラートカフェに、 そして牛小屋だった場所はテラス席に大改築! 改築の際、お住まいやお店の壁は漆喰うま〜くヌレールをご採用。 当初は珪藻土や粉状の漆喰を塗ろうとしたそうですが、 粉状の漆喰は練る機械が必要で、大工さんからも難しいよと言われ、 珪藻土も扱いが難しく使用を断念したそうです・・。 そこでHPで検索して、最終的にうま〜くヌレールに行き着いたそうです。 合計で18kg缶 30~40缶を使用されました。

自分で塗ると壁に愛着が湧く

歴史の重みを感じる立派な梁が特徴の店内は、漆喰うま〜くヌレール スモーキーブラウン色を選択。 新しさの中に少し懐かしさもあるような、ほっと落ち着く雰囲気の店内です。 漆喰を塗る作業は、ご夫婦とお子様、そしてお知り合いの方も入れて5名で塗られたそうです。 女性でも塗れて、問題なく順調に・・・と塗り進めていたところ、問題発生! 塗り方はその人の性格や好みが表れる!?ようで、奥さまがきっちり塗りたいタイプで、旦那さまは粗く塗りたいタイプ。 塗り方が違って、作業途中にご夫婦でケンカしたこともあったそうですが、 塗り終わってみれば「人それぞれの個性が出ていて、自分の塗った箇所に愛着が湧いて良かったです」とのこと。 落ち着く店内や壁は、お客様からも好評だそうです。

湿気を感じなくなった

漆喰をご自宅や店内に塗られた後のご感想を伺うと、 「洗面所、脱衣所が湿気を感じなくて、ジメジメしないですね。壁のおかげかどうかはわからないけど、いい感じです。 店内も無臭です。あと、車の音が全然聞こえなくて、防音効果を感じます。」とのことでした。 防音効果はあるのか!ないのか?解明できていませんが、漆喰の消臭性や調湿性は外部機関で行った試験結果からも、 機能性があることがわかっています。 お住まいの快適さの向上に、漆喰が少しでもお役に立てていると嬉しいですね!

壁の仕上がりについては、旦那様は80点、奥さまは90点とご採点いただきました。
旦那さまは、塗り直しできるのが良い点ですが、まだ満足していない箇所があって塗りたいから80点!とのこと。
奥さまは施工後の仕上がりや効果についてご評価いただきました。
また、カラーバリエーションが豊富なのもうま〜くヌレールの魅力と話してくださいました。

使用缶数:漆喰うま〜くヌレール 18kg 30〜40缶
使用色:スモーキーブラウン、白、さくら
作業人数:5名

============================================
農家のジェラートカフェ「たね匙」(たねさじ)
兵庫県姫路市豊富町神谷990
月・水・金 13:00〜16:30 土祝 10:00〜16:30
定休日:火・木・日 ※収穫作業などにより営業日時は変わることがあります。
Instagram:https://www.instagram.com/tane_saji/