第17回(大賞)作品|全長長40m!漆喰ヘイ!ヌレールで生まれ変わった圧巻の外塀。(2020年)

(お客様のコメント)

汚れているブロック塀がみすぼらしいと思っていて、コロナウイルスの影響で時間があったので挑戦しました。プロに任せることも考えましたが、予算の都合でDIYでできないかと検討中に、うま〜くヌレールLABO京都で講習を受け、決心がつきました。面積が広かったので養生や足場の設置は大変でしたが、塗り作業は苦戦することなく、友人と簡単に楽しく塗ることができました。

第16回(大賞)作品|新築平屋をご夫婦で漆喰DIY!念願の漆喰壁を実現。(2020年)

(お客様のコメント)

マイホームを建てるにあたり、全館の内壁や天井はクロスではなく「絶対に漆喰が良い!」と思っていました。立地を考えると多湿によるカビが気になるのと、自分が喘息を起こしやすい体質なので、なるべく自然な素材を使いたい、それと、漆喰の見た目のオシャレさにも惹かれたからです。全室の養生・下地・本塗りまでを自分たちで行ったので、プロのような仕上がりとは違うのですが、味があり、愛着もあります。そして、もし修復が必要な場合でも、自分たちで直せる自信がつきました!まだワンシーズンですが実際に住んでみて、光を反射するのでとても明るく感じます。また壁にホコリもつきませんし、なんと言っても独特の質感がオシャレなので、毎日眺めてしまいます。念願の漆喰壁にできて大満足です。

第15回(大賞)作品|「漆喰うま〜くヌレール」で築90年の長屋を再生。(2020年)

(お客様のコメント)

自分たちで塗ることで建物に愛着が生まれ、やりだすと凝ってしまいました。色ムラにならないか、乾いた後どうなるかなど不安でしたが、できばえは想像以上!目指していたアットホームな飲食店を作ることができました。以前のオーナー様がお越しになった際、建物を見て「イメージを壊さずに綺麗な店舗になった。」とすごく感動され、涙ぐまれていました。それを見て私たちも同じように感動してしまいました!

第14回(大賞)作品|築30年の中古住宅を憧れの「古民家風」に!(2019年)

(お客様のコメント)

柱が露出している「真壁」の構造だから、「今日はここまで!」と決めてコツコツと作業ができました。残った材料を保存できるのも漆喰うま〜くヌレールの良いところ。なにより、お部屋の空気がキレイになったことを実感しています。トイレは別の材料で塗りましたが、施工後の化学的な臭いが気になりました。その点、うま〜くヌレールは臭いもなくて良かったです。

13回(大賞)作品|「漆喰の壁にしたい!」という家族の思いが実現(2015年)

中古住宅を購入!家族みんなで漆喰DIY!

どうしても内壁を漆喰したかったという思いを込めて200㎡を超える面積の壁を漆喰うま〜くヌレールで施工!ご家族の頑張りが伝わる第13回作品賞の大賞作品です。

 

 

下地処理②・作品賞・大賞「漆喰の壁にしたい!」という家族の思いが実現

 

もとの壁を剥がし下地の処理も自分たちで!

石膏ボードの目地を埋めるパテ処理もプロ顔負けの完成度。後工程の漆喰塗りの為に丁寧に処理。家族みんなで始める漆喰DIYがとても楽しみな下地処理。

 

 

漆喰・吹き抜けリビング・作品賞・大賞「漆喰の壁にしたい!」という家族の思いが実現

 

白い漆喰壁で明るく開放的な吹き抜けリビングの完成。

漆喰うま〜くヌレールの白色と、木やアイアンの色合いがベストマッチ。中古住宅とは思えないモダンな空間に大変身!思い出がいっぱい詰まった施工事例です!

 

 

(お客様のコメント)

リノベーション工事の際に大工さんの作業の邪魔にならないよう家族総出で漆喰うま〜くヌレールを塗りました。そして、トータル200㎡オーバーの壁を全て漆喰にすることに成功!最初の一面を塗り終えた時、その出来栄えに感動しました。本当に簡単にうまく塗れて大満足です。

荒れ寺の汚れた壁を漆喰リフォーム

お客様のコメント

荒れ寺となっていたお寺の住職に就任し、傷んだ壁の修繕を検討していたところ、ホームセンターで見つけた「うま〜くヌレール」というネーミングで、迷わず購入。とりあえず一部屋試しにと、自らの手で撫でるように塗ると、建物への愛情が生まれ、養生を剥がしたときの感動は、表現できませんでした。結局、全部塗ってしまいました。
完成後訪れる方々から、「なぜか、ここは安らぐ。居心地が良い」と言われます。自らの手で大切に仕上げるうま〜くヌレールとの素晴らしい出会いに、感謝です。

インテリアデザイナーのオーナーが自ら漆喰DIY

お客様のコメント

2LDKのマンションを改装しました。石膏ボード・コンパネ・ケイカル版・既存ビニールクロス・ビニールクロスを剥がしたボードなど、様々な下地に挑戦しました。補修タイル目地も全てうま〜くヌレールで塗り、トータルデザイン。タイルの目地材に壁と同じクリーム色の漆喰を使うことで、真っ白で冷たいタイルが柔らかい雰囲気に様変わり!
何かある度、電話で質問させて頂き「川砂を使った穴埋め」「Gファイバーテープでの亀裂補修」など全てうま〜くヌレールで行うことができました。飾りタイルもうま〜くヌレールで接着し、見えないところも自然素材にこだわった素敵な住空間ができました。

4回(大賞)作品|奥様たった一人で感動の漆喰リフォーム!

 

 

(お客様のコメント)

新築時よりも高級で明るくクリーンな印象になり、大満足しています。家のほぼ全部の壁を自分で施工しています。残すところあと一部屋です。以前自分で漆喰を練って塗ったことがありますが、漆喰うま〜くヌレールは練られているので、今回は楽に作業ができました。

3回(大賞)作品①|建築士のご主人が選んだ漆喰うま〜くヌレール。

 

 

(お客様のコメント)

オープンハウスとして内覧会を開催しました。来場して下さった皆様から、「クロス壁より温かみがある、家の中がしっとりしている、明るい」等々、大変好評です。高校生と中学生の娘が塗った壁を種明かししたときの皆さんの驚く姿が、とても楽しい光景です。