施工事例

Construction Case

作品賞15回|築35年、古くなった壁が美しく蘇りました。(2017年)

古くなった壁を「漆喰うま~くヌレール」で綺麗に大変身!ヘラで弾くように模様をつけたことで、より優しく和やかな和室が完成!

 

漆喰・階段・築35年、古くなった壁が美しく蘇りました。

 

きっかけはお母様との同居。

漆喰うま〜くヌレールのことをインターネットで知り、京都のうま〜くヌレールLABOで漆喰塗りを体験。お母様と同居することが決まり、築32年の古い家での生活がスタートするところ、漆喰塗りを一大決心!古くなった壁を漆喰うま〜くヌレールで綺麗に塗り直すことに大成功です!

 

 

古壁・築35年、古くなった壁が美しく蘇りました。

 

元の壁は綿が入ったような古壁。

まずは、古い壁を剥がす作業からスタート。綿が入ったような壁に霧吹きを使い水を含ませ、ヘラで剥がす作業は想像以上に大変。遂にはシュッシュと霧吹きのレバーを引く手が動かなくなり、作業を手伝ってもらっていたお友達にコンプレッサーを持ってきてもらうことに!その後はコンプレッサーでガンガン壁を濡らして作業が一気にスピードアップ!

 

 

漆喰・和室・築35年、古くなった壁が美しく蘇りました。

 

優しい色合いの和室に大変身!

古壁を剥がし終えたら、続いて下塗り作業へ!最初に施工したのは6畳の和室。この部屋では塗り方を試行錯誤されたそうです。「最初は平らに塗ろうとしましたが素人では案外難しく、ヘラで弾くように模様をつけて仕上げてみました。」この和室には、さくら色をチョイス。とても優しい色合いのお部屋が完成しました。

 

 

ご夫婦・築35年、古くなった壁が美しく蘇りました。

 

大工さんにも褒められた素敵な仕上がり。

漆喰塗りはいつも仕事から帰ってからの作業だったとのこと。少しづつ塗り進めて、階段・玄関も見事完成。玄関は京都LABOでうま〜くヌレールの塗り体験をした時からオレンジ色に塗ろうと決めていたオーナー。実際に自宅玄関を塗り終え、温かみのある優しい雰囲気に仕上がり大満足とのこと。「大工さんにも褒めていただきました!」お友達にも手伝ってもらい、約2週間で古壁が綺麗な漆喰壁に大変身!同居のお母様も大満足とのこと。

バナー